読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEAYS(新装版)

本と図書館のことについて、つらつら書いてゆくblogです。

さびしがりの神様と、首飾りと魔法のカギのお話

昔々、あるところに、小さな国がありました。その国の人々は、一人の神様を敬いながら、つましく暮らしておりました。

神様は、愛すべき人々がつましく暮らしている様に感心し、褒美として、一人一人に「真の名前」を与えることにしました。この「真の名前」を唱えると、神様と話をすることができるのです。

でも、その国の人々は、神様を大変敬っていましたので、「真の名前」を唱えて神様と直接話をしようなんて不届き者は一人もいませんでした。それに、この「真の名前」は、一人一人違っているうえに、とても長くて覚えにくかったのです。ですので、みんな、ありがたいとは思いながら、「真の名前」のことはあまり気にせずに、相変わらずつましく暮らしておりました。

神様は、そんな人々を更に愛おしく思いながらも、「真の名前」を唱えて自分と話そうと思う人がほとんどいないのを、ちょっとさびしく思いました。神様は、愛すべき人々が、もっと手軽に自分と話せるようにすべきだ、と思いました。そこで、ウサギの精に命じて、「真の名前」の力を封じ込めた首飾りを作らせ、すべての人々に与えることにしました。一つの首飾りには、それをもらった人の「真の名前」が封じ込まれています。首飾りを身につけて念じるだけで、その人が「真の名前」を唱えたことになり、神様と話をすることができるのです。

でも、その国の人々は、神様を大変敬っていましたので、神様から授かった首飾りを万が一でもなくしたりしたら大変だと考え、ウサギの精のところに首飾りをもらいに行こうなんて人は、ほとんどいませんした。そもそも、この首飾りを落としてしまって、それを拾った誰かが自分に成りすまして、恐れ多くも神様と話をするなんてことになったら、と考えると、ちょっと怖いな、と人々は思いました。ですので、みんな、ありがたいとは思いながら、首飾りのこともあまり気にせずに、相変わらずつましく暮らしておりました。

神様は、首飾りを受け取った人が思ったよりもずっと少ないのを残念に思いました。成りすましなんて、神である私にかかればすぐわかってしまうのに、何を恐れているんだろう、人々に首飾りをぜひ欲しいと思ってもらいたいものだ、と、神様は考えました。そこで、イヌの精に命じて、首飾りにちょっとした特典をつけることにしました。首飾りの鎖の部分に、魔法のカギを付けたのです。この魔法のカギは、その国の人々が共同で使う倉庫を開けるためのものでした。

その国の倉庫には、大事な巻物がいくつもしまってあって、人々は何か困ったことがあると、番人に頼んで倉庫に入れてもらい、役に立ちそうなことが書いてある巻物を探すのが常でした。その国にはたくさんの巻物と、それを保管するたくさんの倉庫がいたるところにありましたが、何しろ大事な巻物が入っているものですから、それぞれの倉庫に入るには、それぞれ別の許可証が必要でした。でも、首飾りの魔法のカギが1本あれば、いちいち許可証を見せなくても、どの倉庫でも開けて入ることができるのです。

でも、その国の人々は、神様を大変敬っていましたので、神様から授かった首飾りと魔法のカギを万が一でもなくしたら大変だと考え、ウサギの精のところに首飾りをもらいに行った上に、イヌの精のところに行って魔法のカギを付けてもらおうなんて人は、これまたあまり多くありませんでした。それに、魔法のカギは確かに便利に思えましたが、ただカギをもらうだけでどんな倉庫も開けられるわけではなかったのです。

魔法のカギを使うためには、まず先に、使いたい倉庫の番人に許可証をもらってから、イヌの精に使いたい倉庫の許可証を見せ、カギにその倉庫を開ける魔法をかけてもらう必要がありました。おまけに、倉庫に行って鍵を使うときには、その都度、入口で「イヌの精様、お願いします」と念じなくてはなりませんでした(まあ、ちょっとしたことなんですけどね)。そもそも、あちこちの倉庫に行ってたくさんの巻物を探さないといけないようなひどく困ったことなんて、そうそう起こりません。あれば便利かもしれないけど、ぜひ欲しいというわけでもない、と人々は考えました。やっぱり、落としたりなくしたりしたら困るし、と。ですので、みんな、ありがたいとは思いながら、首飾りのことも魔法のカギのこともあまり気にせずに、相変わらずつましく暮らしておりました。

神様は、首飾りと魔法のカギを受け取った人が思ったよりもずっとずっと少ないのを残念に思いました。魔法のカギの仕組みををうまく使えば、もっといろんな便利なことができるはず。神様は、今日もウサギの精やイヌの精と話し合いをしています。すべての民草が、首飾りと魔法のカギをいつも身につけていて、今日はどこへ行き、どんなものを買い、どんなことを考えたか、首飾りの力によって、神である自分に気軽に話してくれるような、のどかで平和な世の中になることを、さびしがりの神様は願っているのです。

(このお話はフィクションです。マイ〇ンバーカード及びマ〇キープラットフォームとは一切関係がありません)