読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEAYS(新装版)

本と図書館のことについて、つらつら書いてゆくblogです。

「困ったときには図書館へ」?

キャッチフレーズとしては非常に分かりやすくてよいと思う。
でも、当然ながら、たいていの人は困ったときに、

  1. 家族・知人に聞く
  2. ネットで検索
  3. 専門家・専門機関に聞く

ってなると思う。図書館を思い出してくれる人は少ない。図書館に来てくれる人はさらに少ない。カウンターの司書に聞いてくれる人は限りなく少ない……。

じゃあ、そういう人たちが図書館にもし来てくれるとしたら、どんな状況だろう。

  1. 相談した家族や知人、専門家・専門機関が「図書館に行ってみたら?」とアドバイスをしてくれた(クチコミ!)
  2. 解決したい課題についてネットで検索した時、図書館のページが上位にヒットした

って感じだろうか。
なんだかやるべきことが見えてきたかも。

ま、それはそれとして、誰かが「困ったな、どうしようかな」と思ったときに、4番目くらいには「あ、図書館」と思いついてくれる、そういう世の中にするのが、当方の当面の目標、というか野望です。